スピーチの極意!!原田マハの小説から学ぶものとは!?

どうも、よこちゃんです^_^


「本日は、お日柄もよく」


と、急にスピーチが始まると思いきや、

これ、本の題名です♫^ ^


f:id:bondsinc:20180401202110j:plain

原田マハ 著(2010年 徳間書店


原田マハさんの経歴はなかなかすごく、

関西学院大学文学部日本文学科、

早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。

馬里邑美術館、

伊藤忠商事

森ビル森美術館設立準備室、

ニューヨーク近代美術館に勤務後、

2002年にフリーのキュレーターとして独立したそうです!


小説を書いてる人のことを考えるといつも思うのは、

「どれだけ知識があるのか!?」

ものすごい知識量で、ここまで良く書き込んで、人を感動されるなどすごいなぁと感じます(°▽°)


〜スピーチの極意〜をご紹介☆

「本日は、お日柄もよく」より


1.スピーチの目指すところを明確にすること。

2.エピソード、具体例を盛り込んだ原稿を作り、全文暗記すること。

3.力を抜き、心静かに平常心で臨むこと。

4.タイムキーパーを立てること。

5.トップバッターとして登場するのは極力避けること。

6.聴衆が静かになるのを待って始めること。

7.しっかりと前を向き、左右を向いて、会場全体を見渡しながら語りかけること。

8.言葉はゆっくり、声は腹から出すこと。

9.導入部は静かに、徐々に盛り上げ、感動的にしめくくること。

10.最後まで決して泣かないこと。


是非、読んでみてください♫