「グッドデザイン賞受賞」~萩野菜ピクルス~が東京駅付近で手に入る!

どうも、よこちゃんです^ ^

 

日本国内で初!!

グッドデザイン賞受賞商品の専門店に行ってきました☆

 

場所は、東京駅丸の内南口を出てすぐの

KITTE3階にある

 

GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA

http://gdst.nohara-inc.co.jp/

 

f:id:bondsinc:20180328185602j:plain

 

とても広い店内に、

2016年度受賞作から、ロングライフデザイン賞に輝いたスタンダートに至るまで、

グッドデザイン賞受賞商品が並べられています。

 

暮らしのシーンに合わせて選ぶことができるので、

めちゃくちゃ楽しいです♪

 

そこで出会ったのは、

2016グッドデザイン賞

『萩野菜ピクルス』

http://hagiyasai.com/

 

f:id:bondsinc:20180328185619j:plain

 

丹念に育てた野菜を規格外という理由だけで捨てたくない、

という山口県萩市の農家の想いから生まれたピクルス。だそうです。

 

 

合同会社JINRIでは企業理念として

「農家の実質的な収入の一助になる」

「新たな産業を生み出す」

という2つの理念を掲げており、

野菜は必ず農家の言い値で買い取る(規格外だからと言って買い叩かない)などを

徹底しているそうです。

 

規格外の野菜をピクルスにする事業をするために

最初は、個人事業JINRIではじめていたが

2013年に合同会社JINRIとして法人化したそうです。

 

 

しかし、

今までピクルスというものは作った事がなく、まったくの素人だったそうです。

 

そこから試行錯誤の連続で

作ってみても美味しくない、

野菜の食感がなくなる、

野菜の水分量が違うので同じ味にならない、

細菌が発生して売り物にならないなど、

たくさんの課題があったが、

 

 

そんな課題をひとつひとつ地道に解決していき、

2014年にやっと萩野菜ピクルスが完成したそうです。

 

商品の生まれるところに、背景あり!

 

ストーリーを知ればしるほど、美味しさがにじみ出ますね♪